分野紹介

総合学習系コースを担当する教員組織は、下記の4つの教育研究分野に対応しています。

  • 教育方法分野(教員:松本 伸示 教授勝見 健史 教授奥村 好美 講師
    児童・生徒の実体に即して総合的な学習をいかに学校教育の中で実践していくのかを、目標・方法・教材の側面から研究すると共に、どのような資質・能力が育成されるのかを研究します。
  • 環境分野(教員:溝邊 和成 教授
    21世紀のキーワードの一つ「環境」について、現状はどうなっているか、その理解のために何が必要か、学校教育では何をどのように教えればよいかなどを考え、研究する分野です。生態系の話、食物・水と環境汚染、エネルギー環境問題等については広域的な内容も扱います。
  • 国際理解分野(教員:鈴木 正敏 准教授
    人は世界各地に独自の言語や風土・文化を育んできました。この分野では,風土・文化に関して人類がたどった軌跡とそれらを理解するための理論・方法論を研究します。また,総合学習の中で取り扱われる国際理解教育について,その理論・方法論を追求し,実践研究をします。
  • 情報分野(教員:森広 浩一郎 教授小川 修史 准教授掛川 淳一 准教授
    人間社会の多様な情報とその利用を支える情報処理システムと通信ネットワーク、これらを利用したより豊かなコミュニケーションという観点で、情報科学と情報教育の立場から理論的・実践的な研究を行います。

コメントは受け付けていません。