溝邊 和成 教授

「フィールドワーク技法1」、「総合学習内容論2」等を担当。 生活科、理科、総合的な学習を中心とした小学校の教育実践、 教師教育にかかわる授業論、カリキュラム論に関心を持ち、 研究を進めています。 最近では歴史上の人物や教育実践を取り上げるほか、 現代の課題である授業研究を中心とした教員研修、 世代間交流活動、教員志望の女子学生向けの理科授業、 幼・小の科学教育実践なども研究対象としています。

コメントは受け付けていません。