松本 伸示 教授

「総合学習の歴史」、「総合学習カリキュラム論」等を担当。 総合学習にかかわる諸問題を歴史的、理論的に考察するとともに、 総合学習における学習者の知の再構築の実態を認識論の立場から分析し、 総合学習のカリキュラム開発研究を Continue Reading →

勝見 健史 教授

「総合学習実践指導論」等を担当。 専門は教育方法学。教育方法論・教育評価論を視点とした授業改善、 特に単元組織・質的評価・学習支援の方法の具体的な在り方に焦点を当てた 実践的研究に取り組んでいます。

奥村 好美 講師

「総合学習の歴史」、「総合学習評価論」等を担当。 教育方法論、教育評価論、カリキュラム論などを中心に、 授業実践にもとづき、研究を進めています。 日本だけでなく、オランダもフィールドにしながら研究に取り組んでいます。

溝邊 和成 教授

「フィールドワーク技法1」、「総合学習内容論2」等を担当。 生活科、理科、総合的な学習を中心とした小学校の教育実践、 教師教育にかかわる授業論、カリキュラム論に関心を持ち、 研究を進めています。 最近では歴史上の人物や教 Continue Reading →

鈴木 正敏 准教授

「総合学習内容論3」、「外国語コミュニケーション」等を担当。 専門は多文化教育・幼児教育。 アメリカにおける幼児教育・多文化教育についての研究をもとに、 日本での総合学習の可能性を探る。

森広 浩一郎 教授

「情報活用技術1」等を担当。 教育情報科学の立場から、 認知科学的な考察に基づく教育・学習支援システムを コンピュータネットワーク上に構築する方法論について研究している。

小川 修史 准教授

「総合学習内容論1」、「総合学習内容論4」等を担当。 学習者の特性に応じた指導を行う知的教育システムについて研究している。 現在は発達障害者個別の障害特性を考慮したデジタル教材製作支援環境の開発に従事。

掛川 淳一 准教授

「情報活用技術2」等を担当。 教育工学、知識工学・認知科学的なアプローチに基づき、 情報教育、学習/教育支援システムについて研究しています。